自分に合うのは?光脱毛とレーザー脱毛のメリット・デメリット

光脱毛のメリットとデメリット

光脱毛とはサロンにあるIPL(インテンスパルスライト)などの器械から光を照射して、毛根のメラニンにダメージを与えて脱毛する方法です。光脱毛はレーザー脱毛より弱いため、肌への刺激が弱く、痛みも少ないのがメリットです。また、費用も安いのでお手軽な脱毛方法といえるでしょう。デメリットは毛の生えかわる周期に合わせて行うため、2~3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。部位によっては施術終了まで1~2年かかることもあるので、我慢強く通い続ける必要があるでしょう。光脱毛はまだ歴史が浅く、必ずしも永久脱毛はできないといわれていますが、場所によってはほとんど生えてこなくなる毛もありますし、全体的に毛が薄くなる効果が見込めます。

レーザー脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛とは医療用レーザーを用いた脱毛方法です。レーザーは医療従事者でないと扱うことができないため、医療機関や専門のクリニックで施術を受ける必要があります。強力なレーザー機器が使用されるので、施術は5~6回で終了することが多いです。医療機関には医師がいるので、トラブルがあっても安心ですし、アフターケアについても相談できるのがメリットです。デメリットは光脱毛より出力が高いために、痛みを強く感じる場合があるということです。また、費用も割高で、全身脱毛となると10~20万円ほどかかることもあるので、信頼できる医療機関や専門のクリニックを選ぶことが必要です。ここでは、代表的な脱毛方法である2つのメリット・デメリットを紹介しました。自分に合った脱毛方法で、ムダ毛知らずの肌を目指しましょう!

医師が常勤している脱毛クリニックでは、医療用脱毛器を使った、医療レーザー脱毛を受けることができます。医療用脱毛器では、エステなどの脱毛器と違い、半永久的な脱毛が可能です。