古いものから新しいものまで!こんなにあった脱毛の方法

毛抜きを使って抜くのが一番基本的な脱毛方法

最も基本的な脱毛方法の一つに、毛抜きで抜くというものがあります。この方法は、面倒ではありますが、確実性は高いです。毛抜きで抜くとしっかりと根本から抜けるので、しばらくの間は肌をきれいな状態のまま維持できます。剃っただけならその日のうちにもう青くなってくることもあるのですが、抜くと男性の髭のように伸びるのが早い場所でも数日は持ちこたえてくれます。女性の脇の下の毛の処理などにもよく使われている手法ですが、産毛にはあまり効果がありません。また、太い毛を抜くときには出血を伴うこともあります。お金はあまりかからない上に自宅でもどこででもできるのですが、面倒で時間がかかるのがネックです。

ニードル脱毛という手法もある

割と古い脱毛の方法なのですが、ニードル脱毛と呼ばれる手法も存在しています。今ではほとんど使われない方法ですが、毛穴に針を差し込んで、そこに電流を流して、毛根を潰していく脱毛の方法です。初期の永久脱毛にはよく使われていたのですが、痛みが大きいということで最近はあまり使われていません。

最もメジャーなレーザー脱毛

レーザー脱毛も、毛根を潰すという意味ではニードル脱毛と同じです。しかし、こちらは針を挿入して電気を流すのではなくて、そのすべてをレーザーに任せてしまう方法になります。痛みは多少和らぎますが、それでも痛みがゼロなわけではありません。光脱毛と呼ばれる手法は、レーザー脱毛とも似ていますが、こちらは痛みはほとんどありません。産毛にも効果的なので、最近は光脱毛を選択する人が多くなっていますね。

脱毛サロンをお探しなら、金額などはもちろん、ネットで検索してクチコミや評判などをよく見てから行くと良いです。