長年のそばかすの悩みは治療で解消しよう!

先天性なものが原因しています

紫外線などでできるシミは後天的な要素で発生することが多いですが、そばかすの場合は遺伝といった先天性の原因となっており、斑点はシミよりも小さく、頬や鼻のあたりに複数できることが特徴的です。

シミの場合はだんだんと濃くなる傾向もありますが、シミの場合は逆に年齢を重ねると薄くなるという逆の特徴もあります。

とはいえ、やはりメラニンが原因しますので、紫外線の影響を受けてしまうと濃くなる可能性はあります。紫外線が原因ではないにしても、悪化させないためには日焼け対策はきちんと行っておくことがおすすめです。

そして、より早く薄くしたい場合は日頃のケアが大切です。市販でも美白効果のある化粧品や医薬品は多く販売されていますので、肌質や体質に合わせて良いものを選んでいきましょう。

医療機関の治療も取り入れる

努力しても、そばかすはすぐに薄くなる消えるというわけではありません。結果を焦らず根気よくケアを続けることが大事です。即効で目立たなくするのであればコンシーラが便利です。ファンデーションだけでカバーしようとすると厚塗りになってしまいますし、それだけで隠すのは困難です。コンシーラがあれば厚塗りにならず自然なカバーができるのでおすすめです。

早く改善するなら医療機関の利用も考えていきたいですが、医療機関の治療では塗り薬や飲み薬による治療もありますし、フォトフェイシャルやレーザー治療も効果的です。

さらにピーリングも皮膚の再生をサポートしてくれます。きれいな肌を取り戻すためにはターンオーバーの機能が活発であることも大事ですので睡眠もしっかり取りましょう。

そばかすは、遺伝的な要因で発生するもので、細かくて、茶色の斑点のシミだと言われています。日本人では色白の人にできやすい傾向があります。成長とともに増え、思春期に濃くなると言われています。